スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転院3日目。

2014年12月04日 21:53

コルセットを着けてリハビリ、昨日から始めてます。

平行棒を持って段差を歩いたりしてます。

シャワーも浴びました。

腰の骨折部分から右腰にかけて鈍痛はありますね。。

つらい。。


前が折れることによって角度がつき、椎体の角が後ろに出ているのでそいつが脊柱管に近く、悪さをしない限りしびれや麻痺はないそうです。

圧壊怖い;;;;;;;

前の病院で診てもらえた脊柱専門の先生には1センチ潰れて5度角度がついているから身長は1センチ縮むしそんなわからない程度だけど角度分猫背になる。後ろに出ている骨が脊柱管に近いから気になるけど、今後骨が固まっていく過程で無くなる可能性もあるしそのままの場合もある。経過を追う必要はある。

と言うことでした。

担当医看護師すべての人間に不信感ばかりの病院でしたが、脊柱外来のその先生だけは信用できました。

その先生に言われて、コルセット着けて立ち上がり、歩いてトイレに行きました;;;;;;;

嘘でも勇気付けられる言葉をもらえました;;;;;;;

その先生にずっと診て欲しかったけど、入院している部屋が高すぎるのと、どうしても乳飲み子の世話をする両親が実家に近い方がよいということで転院しました。。

後悔はしてない。

実家の転院先まで介護タクシーで寝たまま搬送されて、再入院。

小さい頃からお世話になっている内科の先生の息子さん(若先生)が整形外科なのでその先生のもとへ。

先生も大概スパルタだった;;;;;;;

転院初日に、コルセット着けて、

「はい起きて、立って、歩いて、座って、はいできた。できるやん」

って歩かされた;;;;;;;

なのに翌日、やっと見れたCTを診て

「神経さわっとるわ」

とか言われて!


MRI撮った;;;;;;;

めっちゃ怖かった;;;;;;;

あの狭さが怖かった;;;;;;;

閉所恐怖症じゃないはずだけど怖かった;;;;;;;

動いちゃダメ、ていう注意と、15分間ずっと上半身に重りを乗せられて気分が悪くなったら押してくださいって渡されるボタンとか入っていくドームの狭さだとかが怖さを助長してる気がする。

結果はPT曰く、ヘルニアで言うと軽度だと。今より悪くなることはないと思う、とのこと。

嘘でも勇気付けられました。。

なんか話が前後したけどそんな感じで入院生活送ってます。


もやしとこつぶも来てくれた。

なんかこつぶ痩せた?笑


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hutarigohan2.blog41.fc2.com/tb.php/2505-bee83248
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。